郊外にもう一つの日常を。「TOOD(トッド)一宮」

別荘リゾート.net

  • 最近見た物件・検索条件

    最近見た物件

    もっと見る

  • お問合せリストを見る
  • HOME > 
  • 郊外にもう一つの日常を。「TOOD(トッド)一宮」

リゾート物件研究

専門家が客観的に物件を分析し、紹介していきます

バックナンバーはこちらから

012

郊外にもう一つの日常を。「TOOD(トッド)一宮」

2015年1月

外房 九十九里浜にある別荘版シェアハウスの見学レポート

別荘を欲しいと思ったら、現状ではほとんどの人が賃貸ではなく購入しています。ただ将来の別荘像を考えた時に所有する形態だけでなく、シェア形式の別荘があってもいい。そう考えていた時にウェブで発見した「TOOD一宮」。首都圏を中心にシェアハウスの開発・運営・仲介をする㈱シェアカンパニーが提案する別荘版シェアハウスです。気になったので連絡を取って施設を見学させて頂きました。

ACCESS

東浪見海岸から徒歩3分の立地

千葉県長生郡一宮町にある現地までは東京駅周辺から京葉道路経由で車で約95km(約84分)。神奈川県からでも、アクアラインを抜けて2014年4月に圏央道が木更津から東金JCTまで伸びたので、アクセスが良くなった外房 九十九里浜。その南端に位置する東浪見(とらみ)海岸。早朝には多くのサーファー達がパワーのある波を求めて海に出ています。そんな波打ち際から歩いて3分。パタゴニアやサーフショップ、カフェが立ち並ぶ九十九里ビーチラインの一本裏手にありました。

徒歩3分の東浪見海岸(撮影2014.11)

HISTORY

別荘型シェアハウス開発の経緯

TOODとは、THE OTHER ORDINARLY DAYS。つまりは、もう一つの日常の略語。「郊外に非日常ではなく、もう一つの日常を作りたいと思っていました」そう語るのは、株式会社シェアカンパニー武藤社長。「地方にもう一つの経済圏ができ、東京にしがみつくのではなく、価値観をちょっとズラしたみたいな生き方を経験することで、別の生き方を見つけられるかもしれないし、別の展開を見つけられるのでは。それが実現できるインフラが整ってきたのではないかと思います。」そんな想いで2012年に完成したのがこの12室のシェアハウスです。

リビング・キッチンスペース(撮影2014.11)

COMMON AREA

会話が生まれる共用部

サイズの違う小屋をいくつも積み重ねたようなかわいらしい外観。ティンバーフレーム工法の独特の形状の太い梁と板張りの外壁は、山荘にきたかのようなあたたかさと安心感を与えてくれます。建物は住居棟と共用棟の2棟構成で、リビングでの会話が居室にまで影響しない配慮がなされています。共有棟のリビングには10人は軽く座れる大きなダイニングテーブルと薪ストーブがあります。
各部屋にキッチンはないので住民はここで他の住民と一緒に食事を作ったり、お茶を飲みながら波の話をしているとのこと。キッチンを挟んで、男女それぞれに洗濯機・風呂・トイレがあり、すでにシェアハウスを運営してきている会社だけあって細かな配慮が見られます。ダイニング上部にあるロフトでは、ヨガやストレッチをしたり、サーフボードのメンテナンスの場所として使われているそう。

ロフト(撮影2014.11)

GARDEN

BBQもできるウッドデッキ

リビングから外に出ると広いウッドデッキが広がり、そこにはバーベキューコーナーやハンモックが並びリゾート感を盛り上げてくれるアイテムが山盛り。近くの漁港で仕入れてきた房総近海で獲れた魚を炙りながら一杯呑んだり、ハンモックに揺られながら星空観賞なんて憧れの別荘ライフもシェアハウスだからこそ安価で楽しめます。サーファーには、ボードロッカーやシャワーブースなど嬉しい設備も用意されています。

ウッドデッキ(撮影2014.11)

ROOM

サーフィンの基地は1部屋4.8万円~

専有できる居室は全部で12室。7.45㎡(4.5畳)~17.98㎡(10.8畳)。別荘としては一見狭そうに感じるが、リビングやキッチン、バス・トイレなどは共用部にまとまっているので、専有部分では寝たり、仕事をしたりするだけと考えれば十分な広さと考えられる。金額は月額4.8万円~と購入することを考えたら、割安。サーフィン仲間同士で借りるというのもいいかもしれません。

居室(撮影2014.11)

まとめ

実際に利用している方は、サーフィンだけじゃなく釣りを中心とした周辺のアクティビティを楽しむ拠点として利用している方が多いそう。
房総は海の幸も山の幸も豊富。ホテルではできない地元の野菜を使った料理で腕を振るうのも楽しいですね。いきなり別荘を購入せずに、こういった生活を体験できる施設を上手く利用してそのエリアを体感するというが賢い使い方かもしれません。プライベートを大切にする別荘というのもありますが、行けば仲間に会える別荘というのもいいものです。
まずは、建物内にあるバケーションレンタル(貸別荘)ルームを借りて、別荘版シェアハウスを体験してみてはいかがでしょうか?

取材協力:
株式会社シェアカンパニー
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-9-1 NEOX新宿ビル7F TEL:03-5367-4611
http://share-company.com/

TOOD一宮
http://share-park.com/?post_type=fudo&p=1516

ページの先頭へ