【注目の物件】 戦前の軽井沢別荘/旧軽井沢

堀辰雄ら多くの文人が訪れた昭和初期の軽井沢を知る築77年の日本家屋の別荘。その歴史をあまり感じさせない程、丁寧に手入れされている。軽井沢だからと言って新たに輸入住宅やRC造の新築別荘を建てるのではなく、こういった古い民家を住み繋ぎ、あえて苔むした庭・縁側を活かした田舎暮らしのような別荘ライフを過ごすというのも素敵ですね。※瑕疵担保免責 旧軽井沢 5680万円(※2015年8月現在)物件詳細⇒コチラ

pc_11018_00125951

 旧軽井沢周辺の別荘・リゾートマンション

太陽の森別荘地、せせらぎの森(別荘地)、旧軽井沢 鹿島の森(別荘地)、鶴溜(別荘地)、旧軽井沢、三笠パーク(別荘地)、旧軽井沢ヴィルミール鳩山道り(マンション)、旧軽井沢三笠ハウス(マンション)、サンメール軽井沢(マンション)、ヴィンテージ軽井沢(マンション)、サンクタスレジャンダ軽井沢(マンション)、テラス軽井沢(マンション)

karashina の紹介

1973年生まれ。㈱リクルートで約15年間 別荘・リゾートマンションマーケットに携わる。現在は、別荘コメンテーターとして、各リゾート地を飛び回り、別荘はもちろん周辺商材や食材も調査。
カテゴリー: 軽井沢・草津   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。